天気予報
リサリサお天気コラム
天気予報
今日の天気は?

楽しいことも苦しいこともあるけれど

好きを表現し続けた時

あなたの好きなクリエーションは

誰にも真似できない価値になる

FOOD

桜えびとなすのガーッと煮

短い時間でガーッと煮て、そのまま放置。

この調理法でなすに短時間で味が染み、煮崩れしにくい。

なすがとろとろしすぎない程度で

火を止めるのがポイント。

あとは冷めていくタイミングで

さらに味と余熱が加わって、おいしい煮物の完成だ。

煮汁にはめんつゆを使用。

これで味が一発でキマル。

煮る前にごま油でガーッと炒めるから、

めんつゆにコクがプラス。

和食専門店の味をめざして、桜えびをくわえてみよう。

ん〜。いいダシ!

ね?あっというまに料理上手。

七味をかけてもおいしいよ!

材料

〈作りやすい分量〉
なす
4〜5本
桜えび
大さじ2〜3
ごま油
大さじ2
☆ガーッと煮汁
400ml
めんつゆ(3倍濃縮)
50〜80ml
砂糖
ひとつまみ
step. 01
なすはヘタを切り落とし、長さを半分に切り、さらに写真のように大きめの3〜4cm幅に切り、水をはったボウルにサッとさらして水気をきる。 ☆のガーッと煮汁は合わせておく。
step. 02
深めの鍋、またはフライパンにごま油をしき、中火にかける。なす全体に油が回るまでガーッと炒める。
step. 03
全体に油が回ったら、ガーッと煮汁をガーッと加える。
step. 04
桜えびもガーッと加え、全体をまぜる。
step. 05
煮汁が煮立ったら、アルミホイルなどで落とし蓋をし、さらにその上から蓋をして10分間、ちょっとだけ弱めの中火でガーッと煮る。 なすが柔らかくなりすぎない程度で煮終わるのがポイント。
step. 06
火を止めて、そのまま冷ます。余熱でなすがとろっとし、味も染み込んでいきます。
step. 07
お皿に盛って、できあがり♡冷めてもおいしいよ。

WRITTEN BY

料理研究家・エッセイスト
Ami
大阪府出身 二児の母。
『どんなときも、おもしろおかしく
おいしいご飯があれば、ダイジョウブ!』がモットー。
思い出のつまったレシピとそこから生まれたエッセイが、誰かの特別なおいしいになりますように。
BACK
もどる
採用情報
採用情報
採用情報
web予約
web予約
web予約
FOLLOW US